北千住会 活動日誌

同人サークル「iRanka」です。東京で食べた美味しかったお店をたくさんご紹介!

マクドナルドでハンバーガー100個注文してみた

 

気は早いが、冬コミの同人誌案を考えてみました。。。

 

「ハンバーガーにはどんなトッピングが正解か?~マクドナルドでハンバーガー100個注文してみた~」

 

大学時代、6人くらいでマクドに行ってハンバーガーを99個、チーズバーガーを51個注文したことがあります。あ、ハンバーガー99個の理由は、マクドのレジのシステムが99個までしかカウントできないためです。そして部屋に持って帰ってひたすらハンバーガーを食べまして。

 

でもそのままだったら確実に飽きます。だから、事前にスーパーで様々な材料を買って来ました。卵やレタス、トマトやチーズといったオーソドックスなものから、海苔、キムチ、たくあん、肉、魚などなどの食材、そして各種お惣菜、お菓子といったものをハンバーガーにはさみ食べてみようと考えたわけです。

 

結論から言うと、卵やレタス、トマト、チーズは美味しかったです。そして何気に海苔やキムチはそこそこいけました。また、意外に美味しかったのはふりかけ(のりたま)、明太子、ホットケーキ、たくあん、もやし炒めなどなど。はさむだけでここまで美味しくなるんだ、とびっくりしました。

 

さらに良かったのは再調理です。パンやミート部分をもう一度焼くんです。パンはトースターでじっくり焼きます。ミートはフライパンで香ばしくなるまで焼きます。ブラックペッパーで味付けをするとさらに美味しくなりましたね。

 

とまぁ、馬鹿なことをやった経験があるわけですよ。これができたのも当時はハンバーガー1個59円、チーズバーガー1個80円という超デフレ時代だったからですね。これだけ購入しても10,000円出してお釣りがくるレベルです。なんか買い物と言うよりは入荷ですよね。。。

 

同人誌では、中にはさむもの、再調理する方法、これは合わへんやろうと思われるものを入れる等々、面白い遊びが出来ればいいなって思っています。

 

それよりもまずは夏コミ。頑張るか・・・

 

勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論

勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論